旬のもの

我が家の柿

こんばんは。MAIです。

 

写真は我が家の収穫物。

今年は豊作のようです♪

 

いまの時代は、どの季節でもなんでも食べられてしまいますが、

旬のものにはそれぞれその旬に穫れる意味があります。

 

例えば、この柿には、寒い冬に備えて、

一日の必要量をほぼまかなえるくらいのビタミンCがたっぷり含まれています。

疲労回復、かぜの予防、ガン予防、老化防止に効果大!です。

また、二日酔いに効く果物としても有名ですね☆

塩分を排泄するカリウムも多く含むので、高血圧にもよいそうです。

 

 

わたしが最近勉強しているアーユルヴェーダの考え方はとってもシンプルで、

寒くて乾燥する季節にはカラダをあたためて保湿して、といったように

相反する性質をあてがってバランスをとっていく、というのが基本です。

なので、暑い夏にはカラダを冷やす夏野菜をいただいたり、

「季節のもの」をいただくことも大事なこととされています。

 

 

消化不良のときも、消化を助けるなにか食物を取り入れるのではなく、

(それはそれで内臓に少なからず負担をかけてしまうから)

まずはよく噛んで消化しやすい状態にしよう、とか、

明らかな原因をとりのぞいていく、というとってもシンプルなこと。

当たり前なことですが、意外にできていないことなんじゃないかなあと思います。

 

 

いま、わたしたちの生活は、情報も物質もありすぎて、

そういう当たり前のことをせずに、新しいものを取り入れていくばっかりに

なりがちではないでしょうか。

 

「バランスがとれていること」が「自然」な状態であるなら、

「不自然」は「アンバランスな状態」。

 

取り入れるばっかりでアンバランスになってしまわないように、

いらないものは捨てて、必要なものを取り入れられるように、

バランスよくいきたいものだなあ、と思う今日この頃。